プロフィール

はじめまして。naoさんです。

数あるブログの中からnaotripにお越しいただきありがとうございます。
こうしてお会いできたのも、何かのご縁ですね。

naoさんは「人生に旅と音楽を」をテーマに
「笑い」と「感謝」の花束を世界に撒き散らすべく活動しています。

はじめての方に簡単な自己紹介を。
『やんちゃな少年時代』
田んぼが遊び場で、草野球やザリガニ釣りなど、
健全で『やんちゃ』な少年時代を過ごし、
小学生時代には『いたずら四天王』に選出されるという誠に不名誉な照合を授かり、つまりは好奇心旺盛なガキ大将的な存在で自由奔放に生活していました。

中高時代は180°方向転換
親が教師だったこともあり、同じ道に進むべく、塾通いと勉強の日々。
無事、県内の有名進学校に入学したのですが、
親の望む将来を人形のように演じてきた自分に気づき、
高校2年生の夏、将来に疑問を抱き始めます。
『やんちゃ』が疼きだしたのです。

『アートが自分の好きなことだ!』
芸術、美術を学び将来はデザイナーになると決心し
大学ではひたすら『美』とは何ぞや? に没頭します。
気づけば教授から推薦を受け、
東証一部上場の家電メーカーにデザイナーとして就職しました。
グッドデザイン賞も2度頂き、
デザイナーとしての地位とプライドも付いてきた矢先
またまた『やんちゃ』が疼きだしたのです。

『音楽やりたい!!』
こうして社会人時代に趣味ではじめた、とある所属バンドが
一部で有名になったことがきっかけで会社を辞め音楽の道へ。
バンドが人気のある時期は様々なビッグステージに立ち、
海外も沢山ツアーで巡り、夢のような生活を夢に抱きましたが、
徐々に現実の厳しさに青ざめていきます。

『音楽だけじゃ夢のような生活はできない!!』
メジャーでヒット連発しない限りは、音楽だけでは
夢に描いた生活はできない!と悟ります。
音楽を取るか仕事を取るか。悩んだ挙句、仕事を取って、
またサラリーマンデザイナーから出直し。
社畜ミュージシャンを細々と続けながら
現実はこうしていくしかないのかと半ば絶望していました。
心も体も疲れ果てていた毎日に、
やっぱり音楽でしか満たされないものがあり、
それだけは手放すまいと必死だったことを
今も鮮明に覚えています。

『不労所得があるじゃないか』
そんな時、『不労所得』や『権利収入』という言葉に救われます。
これなら稼ぎと自由な時間を得て、音楽を思う存分できる!
そこにシフトしていけばいいんだ!
周囲を見回すとあるある。これは救いでした。

・大家さん
・YouTuber
・漫画家
・作曲家
・小説家
・投資家
etc..どれにしようかワクワクします。

太陽光発電を始める
naoさんが先ず全力で取り組んだのは太陽光発電事業です。
約2年間、国とのやりとり、土地、設備、電力会社への手続きなど
その構築のために無償で夢中で取り組みました。
そして今ではしっかり太陽に働いてもらっています。
これで時間と収入の作り方を身をもって覚えました。

青年との出会い
こうした経験をしていくうちに自身も年齢を重ねてきてしましました。
命には限りがあると考え始めたんです。
一度きりの人生、『楽しかったーっ』って心の底から言って幸せに墓場に行こう。
残りの人生はオマケだ! 思うがままに自由にやろう!と。
そう思い始めると、今まで眠っていたアンテナがビンビン活動を始め、
あれよあれよと言う間に良い変化を起こし始めました。
大きなきっかっけになったのはインターネットビジネスとの出会いです。
世界中を飛び回っているとある有名な青年との出会いから全く新しい働き方を知り、
遊ぶように働き、働くように遊ぶことが出来ることを学びました。
最初は話半分に聞いていましたが、
彼の周りには時間と場所を選ばずに仕事をし、
豊かに暮らしている人たちが沢山居たのです。
これにより、naoさんの理想の生活は大きく前進し始めたのです。
現在では世界中を旅しながら
『笑い』と『感謝』の花束を世界中に撒き散らして活動することができています。

『まだ夢の途中』
やんちゃな人生を歩んできましたが、
あなたの人生を今よりも豊かに出来る知恵を提供できると思っています。
このブログがあなたのお役に立てたならとても嬉しいです。

naoさん