終身雇用が無くなると…

トヨタも経団連も言っている

興味深いニュースを目にしました。

自動車業界トップのトヨタの豊田社長:
雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない

経団連の中西宏明会長:
終身雇用なんてもう守れないと思っている

と発言しています。
終身雇用の終わりは10年以上前から噂されていましたが、いよいよメディアにも表面化してきました。これからも、こうしたニュースは多く目にするのかもしれません。

終身雇用は日本特有の制度

今までの日本は『終身雇用』による生涯の安心感によって成長してきました。
終身雇用とは、会社が労働者を入社から定年退職まで雇い続けるという日本独特の雇用制度です。

現在もほとんどの日本企業が、この終身雇用制度を正社員に対して保障しています。

それゆえに一つの会社で地道に働き続ければ、一生そこそこの安定した生活が約束されていたわけです。

終身雇用に支えられた価値観

終身雇用が難しい、無くなるということは、
そのシステムに支えられた従来の価値観も
変化することを意味しているのではないでしょうか。

戦前戦中時代に作られた幸せ人生の方程式。

幸せ人生
→いい学校を卒業し
→いい会社に就職
→いい結婚
→終身雇用で働き抜く
→退職後の安定した年金

これも一つの幸せの形ですし
成し遂げるのは本当に立派なことです。批判するつもりも一切ありません。

親が子供に対して、
『いい学校へいきなさい』
『いい会社に入りなさい』
というのは可能性を広く持つ、選択肢を広げる、という意味においては反対しません。

価値観、生き方はひとつじゃない

しかしこれからは、もっともっと色々な『幸せ』の形が出てきても良いのではないでしょうか。
それを既に実現されている方々も実際に身の回りに沢山いらっしゃいます。

そうした方々の顔は不思議と活き活きとしていますし、とてもユニークで独創的な発想を持ち、身体も実年齢より若々しく、いつも元気なエネルギーをいただけます。

このブログでは色々な価値観もみなさんと共有できたらと思います。

一つの価値観にとらわれず頭を柔軟にしておくことが、より重要な意味を持つ、大きな歴史的変化の時代に突入したのかもしれません。

1 COMMENT

Zoraida Rosenberger

Hi there! This post could not be written any better! Reading this post reminds me of my previous room mate! He always kept talking about this. I will forward this page to him. Fairly certain he will have a good read. Many thanks for sharing!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です